edamame.5star

ニュージーランド留学でもパーティーしたい!

当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

【最新】ニュージーランドのおすすめお土産!〜紅茶編〜

ニュージーランドのお土産探しで、まず紅茶を思いつく方はなかなかいらっしゃらないのではないでしょうか。私自身、初めてニュージーランドに行った年はコーヒーやアルコールばかりを堪能していました。なぜなら現地のバリスタ文化やパブのレベルは非常に高いからです。

しかし、イギリスの植民地であったため、ニュージーランド人は紅茶も大好きです。学校やオフィスには昼食の前に「モーニングティー」という休憩時間があり、お茶を楽しむ文化があります。

そのため、スーパーでも気軽に購入できるハイレベルな紅茶が数多く揃っています。紅茶なら軽くて日持ちするため、お土産にもピッタリです。ニュージーランド限定のフレーバーもあるので、紅茶好きの方には喜ばれるでしょう。

今回は、ニュージーランドでおすすめの紅茶ブランドを紹介します。限定モノに弱い方は、要注意かもしれません!

 【目次】

実は知られてない?紅茶の知られざる効果

紅茶には、安眠をサポートするアミノ酸の一種であるテアニンが含まれています。緊張を和らげたり興奮を沈める、寝付きをよくしたり睡眠の質を高めることも期待できます。

また、紅茶に含まれるポリフェノールは抗酸化作用があるため肌のシミやシワが気になる方にも嬉しい成分です。

さらに、ポリフェノールは抗菌作用や殺菌作用があるため、飲むだけではなく風邪や喉が痛い際のうがいにもおすすめです。

※カフェインを過剰に摂取するとめまいや消化器官の負担に繋がる可能性もあるため、1日に3〜4杯までの適量を日常的に飲むといいと言われています。

TWININGS

nzbreakfast紅茶の大手「TWININGS」が出しているニュージーランド限定のフレーバー「New Zealand Breakfast」は、お土産に必ず手に入れたい商品です。

目をひく青いパッケージには、ニュージーランドの固有の鳥「トウィ」が描かれています。すでにデザインがお土産用として喜ばれそうですよね。以前のパッケージには国立公園でもあるマウントクックも描かれていましたが、最近デザインが変わりました。

nzbreakfast.sample

以前は20個入りのサイズもありましたが、最近は80個入りしか見ません。80個入りは箱の中にティーバッグがそのまま入っていて衝撃を受けました。袋にも入っていないため、一気に消費しないと風味が弱くなってしまいそうなサステナブルな包装です。

高級感はあまり感じられませんがお得ですからばらまき土産として配ったり、保存方法に迷ったらとりあえず冷凍しておくのもよいですよ。

気になる価格は、

  • 80個入り=$11.90

お店によって価格が異なるため、セールの時に見つけられたらラッキーですね!現地のスーパーならどこでも取り扱いがあるほど有名ですので、ぜひお試しください!スーパーの種類や特徴などの詳細は、下記のブログ記事もご覧ください。

edamame5star.hatenablog.com

Ti Ora

tioraブランドの読み方はティー・オラで、お茶(Tea)とニュージーランド先住民族マオリの挨拶(Kia ora)からきています。

ニュージーランド原産のハーブや果物、スパイスなどが厳選された茶葉とバランスよくブレンドされています。ニュージーランドにいるかのような独特の香りと風味に、心も身体も癒されます。

気になる価格は、

  • 15個入り=$7

地元のスーパーのカウントダウンでは、15個入りは$6.29や$6.50とセール価格になっている時もあります。


www.youtube.com

Infusinonシリーズ

  • Herbal Tea Peppermint & Spearmint
  • Herbal Tea Camomile With Lemon Honey and New Zealand Manuka Leaf
  • Herbal Tea Summer Fruits with New Zealand Manuka leaf
  • Green Tea Peach & Passionfruit
  • Green Tea Ginger & Lemongrass

ニュージーランドらしい、パッションフルーツレモングラスなどのフレーバーがあるのも特徴です。マヌカを使用しているのはお土産としてはもちろん、自分で飲む用にも買いたくなってしまいますよね。

ニュージーランドの伝統的な3つのハーブ

マオリが昔から薬として利用してきた伝統的なハーブがあり、Ti Oraは3つのハーブをお茶に使用しています。

Manuka Leaf

ニュージーランドといえば「マヌカハニー」を思いつく方も少なくないかと思いますが、マヌカハニーが採れる木や葉にも薬効があります。

主に胃腸不良に役立つハーブとして親しまれてきたそうです。また、マヌカには抗酸化物質も含まれているため美肌のサポートとしても期待ができます。

Kawakawa Leaf

英語ではペッパーツリーとも呼ばれ、「苦味」を意味します。カワカワは噛むと苦いのですが、ハーブの中でも万能薬として使われてきました。

肌荒れなど傷や歯痛止め、循環器などにも役立つハーブとして人々の生活に根付いていました。

Horopito Leaf

肉料理などの調味料として、ピリッと辛さを足すハーブです。カワカワのハーブと同様、皮膚や歯などの痛みに効能があると言われています。

Okuoku

100%オーガニックでニュージーランド産の「Oku」は、今注目を集めています。Okuとは、先住民のマオリ語で"belonging to"という意味です。

2010年創業と比較的若いブランドではありますが、メディカルハーバリストで自然療法医でもあるScott Smith氏により進化し続けています。

紅茶の種類は、自分の気になる悩みや体調に合わせて選べます。

★のマークは特にニュージーランドで採れる珍しいハーブをたっぷりと使用しているため、お土産にもおすすめです。

価格は、

  • 15個入り= $17.98〜
  • 50個入り=$52.98〜
  • 30g=$18.98〜
  • 150g=$59.88〜


www.youtube.com

ニュージーランドでは「ウェルビーイング」「マインフドフルネス」など健康を意識した取り組みが個人的にはもちろん社会的にも進んでいるます。そのため、日常生活で健康的なものを選択する人がとても多いように感じます。

Okuは国民に愛されているハーブであるKawakawaや、Manukaなどニュージーランの自然の恵をたっぷりと使用しています。

また、Okuは紅茶のほかに自然療法をコンセプトにした商品も販売しています。1歳以上から飲むことができる万能薬のようなシロップや、子どもも大人も安心して使えるバームも展開していて使いやすいと評判です。

2022年にHealth Postが主催した"Best of nartural"のHair&Body部門では、Okuの「Kawakawa&Arnica Balm」が選ばれるなど実力派ブランドになってきています。

健康的で美味しくてだけではなく、堆肥化が可能なティーバッグの素材やリサイクル素材のパッケージを使用して環境にも配慮しています。

まとめ

ニュージーランドで買えるおすすめの紅茶は、軽くて賞味期限も長いためお土産にピッタリです。15〜20個入りほどのサイズなら、プチギフトとして渡しやすいですよね。

また、日常的にリーフティで紅茶を飲む習慣がない方でも、ティーバッグに入っていれば「じゃあ、飲んでみようかな」と試しやすいと思います。スーパーなら購入しやすいですし、なんといっても価格もお財布に嬉しいです。

個包装されてないティーバッグをパッケージである箱に直接入れているスタイルには驚きましたが、イギリスなどでも見かけましたから海外では普通なのかもしれません。

今年は、ニュージーランドの紅茶をお土産に選んでみてはいかがでしょうか。

また、コーヒーもお好きな方は、下記のブログ記事もぜひご覧ください。

edamame5star.hatenablog.com